citacita
citacita

ふたりらしい結婚式を自由なスタイルで

19059476_1406182752809724_5836710672318388882_n

「ゆいきらら」新郎様が卒業した小学校での結婚式


初めておふたりにお会いしたのは、福岡県でも大雪が降った1月の寒い日でした。それでも会った瞬間の、新婦光さんの全身からこぼれるような笑顔がとても嬉しくて、あたたかい気持ちになったことをよく覚えています。

「ゆいきらら」というそのペパーミントグリーンの木造の建物は、今は地域のイベントなどが行われているコミュニティスペースですが、元々は新郎光博さんが通った小学校。
光博さんが生まれ、育ってきて、そしてこれからもふたりが生きていくその土地で、大切なひとたちに「ありがとう」を伝えたくて、この場所での結婚式を選ばれました。


挙式はふたりが何度も一緒にお参りに行ったという宇佐神宮で。
自宅着付けをされたおふたりは、まず新婦様のお父様が眠るお墓によってご挨拶をされてから向かいました。
宇佐神宮はとても敷地が広く、長い距離を歩きますが、その間もたくさんの観光客の方々に「おめでとう」と祝福されるお姿もまたいいものです。

ご親族の皆様に見守られるなか挙式を行い、そのままみんなで披露宴会場をなるゆいきららへ!
入口の「ゆいきらら」の大きな木の看板は、新郎のお父様が作られたもの。
もちろん親族集合写真はそこで撮影です!
廊下に飾られた、これまでの卒業生たちの写真にみんな新郎光博さんの姿を探します。

披露宴会場は講堂。(天井や窓枠の色合い、木の雰囲気がレトロ感たっぷりで可愛かった!)
この場所でするからにはとことんこだわった「土地のもの」と「手作り感」
高砂のバックには、光博さん作のパネル、そこを飾るのは前日の夜に
ご家族で摘んできたグリーンやカラフルな木の実。
「ネイチャーだね」って笑いながらみんなで飾りました。
新婦光さんやお母様が長い時間をかけて作った会場いっぱいのフラッグガーランドや、一緒に集めたたくさんの小瓶にみんなで差していったカラフルな小花たち。
前日入りした私達スタッフチームも、学園祭前日のような気持ちで大騒ぎしながら準備しました。笑

結婚式準備が始まったばかりのころからのカウントダウン写真と会場設営のタイムラプス映像を盛り込んだオープニングムービーからスタート。
乾杯は、光博さんのお母様がつけた愛情たっぷりの梅酒で!
お色直しの中座で、お母様と手を繋いであるく光博さんを見て、きっとたくさんの人が、小学生だった頃、同じようにこの場所でお母様に手をひかれていた姿を思ったのではないでしょうか。


ウェディングドレスをタキシードにお色直ししたおふたり。
ケーキ入刀はイチジクたっぷりのタルト!
入刀前のシェフのシュクレフィレにも会場は大盛り上がり。
ファーストバイトでは、大きなおにぎりが登場!
新郎様のご実家で作っているお米で、新婦様がこっそりにぎったビックおにぎりです♡
サプライズプレゼントはおにぎりだけじゃなくて、クチナシの苗も。
新郎光博さんが好きだというクチナシ
「わたしは幸せです」という花言葉を、光さんは自分の気持ちそのままです、と添えて送られました。
お父様へのサンクスバイトや前日の練習にも熱が入っていた余興、など終始笑い声に溢れた時間が過ぎていきました。

そんな披露宴のクライマックスで印象的だったのが、ふたりのこれまでを振り返る生い立ちムービーのとき。
実はこのムービーも、ふたりのことや想いが伝わるためにはどうすればいいのか、構成も言葉も迷って迷って、前日の夜中に完成したものでした。
新婦 光さんのお父様が亡くなる直前に、光博さんとの結婚を報告できて、認めてもらえたこと、お父様が光博さんに出会わせてくれたように思えること、
今日この日、この場所で、みんなに囲まれて結婚式ができることがどれほど幸せなのかということ。
この時初めて完成したムービーを見た新郎 光博さんは号泣。
隣で光さんも笑いながら、ふたりはしっかりと手を繋いで、幸せそうに、泣いていました。
みんながたくさん笑って、泣いて、過去もいまも未来もひっくるめて、愛に溢れた日。

まだ打合せが始まったばかりのころ、新婦 光さんとふたりだけでお話したことがありました。
どれだけ光博さんに支えられ、これまで出会った人たちに支えられてきたのか。
伝えたいことは、ただただ「ありがとう」ということ。
そして「私は幸せです」ということ。
そんなお話をしながら、なぜかふたりで泣いてしまいました。
思えば準備期間も、たくさん悩んだり、迷ったりしましたね。
夜中に何度もやりとりしたメッセージも、全部が愛おしい思い出です。
光博さんが卒業した小学校での結婚式を、一番に望んだのは光さんでした。
光さんの愛の深さを感じると同時に、それは光博さんが光さんに渡した気持ちそのままなんだとも感じていました。
まっすぐな愛に溢れた時間を、一緒に過ごさせてくれてありがとう。

*会場 ゆいきらら
*季節 10月
*ゲスト 90名
*お料理 Pinox
この土地で採れたお野菜や果物もつかったフルコース

宇佐神宮で挙式
  |
ゆいきららで披露宴

    wedding story

  Recommend Post