citacita
citacita

ふたりらしい結婚式を自由なスタイルで

citacita
imp-0483

バラ園での結婚式から

かわいくて真っ直ぐなおふたりの、バラ園での結婚式から4年。
思えばこの時は、熊本の震災直後で、新郎さまの職場の方々が来れないかもしれない、とか、熊本にいるヘアメイクさんは大丈夫なのか、とか、いろんな不安がありました。
いつだって、何が起こるか分からなくて、だからこそ、出会えて一緒に過ごしていける日々が奇跡のような幸せに溢れているもの。
imp-0436
その幸せを、少し立ち止まって味わえるような、自分の人生を愛おしめるような、結婚式という一日は、何にも代えられない価値があるものだと私は思います。
どんな時も、いつの時代も、変わることがない、結婚式の根っこにあるものを、これからも大切にしていきたいものです。

しばらく結婚式に触れていなくて、さみしいけど、結婚式って無理やりするようなものではなく、ふたりとご家族が納得して、安心して、その日を迎えることが一番大切。

その時がきたら、全力で、強く柔らかく、力になれるよう、心も頭も体も鍛えておこうと思います。

imp-1458

    ウェディングのこと

  Recommend Post