citacita
citacita

ふたりらしい結婚式を自由なスタイルで

citacita
ガゼボ

オープンスペースでの結婚式

先週の日曜日に、Riverwalkのエナジーコートでの公開結婚式をお手伝いしました!
昨年の秋にイベントとして行ったこの企画、今回はほんとうの結婚式でした。
まず、アトリエ(今は亡き祖父母のおうち♡)から、ガゼボセットを搬出し…
毎回のことながら、トラックみたいな荷物積まれても、健気に走ってくれる愛車に感謝
しながら。
くるま

今回の結婚式のプロデュースは、Riverwalk内の結婚式場 THE BLUE Riverwalkさん
なので、私はセレモニースペースの空間作りのお手伝いを。
何もない場所に、結婚式らしい空間を作るのは、とても時間と手間がかかります。
そしてそれはとてもワクワクする作業です。
ペーパーフラワーやポンポン作り、椅子はただのパイプ椅子しかなかったから、少しで
も見栄えのいいようにと、THE BLUEのスタッフさんが、何日も前からコツコツと準備をしてきました。
お金をかけて材料をそろえたり、、その道のプロに頼んだりしたら、
それはもっと簡単にいいものが出来るかもしれない。
でも、限られたなかで、どこまで出来るか。
限られたなかでも、全てに応えたい、おふたりが望むよりも、もっといいものに
してあげたい、きっとみんな、そんな想いでした。
商業施設なので、設営は夜スタート。
ガゼボ途中

みんなで

私はフリーランスでひとりでお仕事が多いので、こうして式場のみなさんとワイワイ
しながら作業するのがとても楽しいのです。
色々言い合いながら、笑いながら、時々黙々と、沢山の手で、ひとつのものを
作り上げていくことが大好きです。
徹夜も覚悟していたけど、みんなの力で夜中のうちに無事完成!

すぽっと

ガゼボ
当日は晴天。
会場入りした新郎新婦さま、とっても喜んで沢山お写真を撮っていらっしゃいました。
この場所に、おふたりがお招きしたゲストの方々、そしてお買い物途中のお客様や、
わざわざお祝いに来てくれた方もこの場所に集まって、とても祝福に包まれた空間になりました。
吹き抜けなので、2階や3階からも「おめでとう」が降り注いで。
ゲストとの触れ合いはもちろん、全く知らない方からの温かい気持ちも受け取れるような、そんな結婚式でした。
その場所のいいところを最大限に活かしながら、新郎新婦さまの大切にしたいこと
を守って、望まれたよりも、もっと「よかった!」をあげられるような、そんなお仕事をしなきゃいけない、改めてそう感じることが出来ました。
お写真やムービーも、楽しみです。

      2015/11/11オススメ!

  Recommend Post