citacita
citacita

ふたりらしい結婚式を自由なスタイルで

citacita
798

花嫁の手紙

お手数を読むのは、新婦さまだけじゃなくてもいい。
伝えたい想いがあるのは、新郎さまも同じ。
特別な日に、自分の声で想いを伝えるということが、ふたりと、親御さまにとって、かけがえのない思い出になるのかもしれません。

みんなの前で手紙をよむ、ということが、必ずしもいいと言っているのではなく、
「この日だからできること」
を、しっかり考えてから、全てを選択することが大切です。

853
その選択の先に、こんな表情を見ることができたら、ほんとうによかったと思うのです。

ウェディングプランナーが、ふたりの結婚式の思い出を作れるわけではないし、どんなに素敵なシーンができたとしても、それはウェディングプランナーが作ったものではありません。

でも、そんなシーンを作るための、

想いが繋がりあう瞬間を築くための、

問いかけや、アドバイス、そして本当に必要なものを、研ぎ澄まして行くことが、ウェディングプランナーの仕事だと私は思っています。

結婚式は、大切な人に「自分の言葉で想いを伝える機会」でもあります。

 

    ウェディングのこと

  Recommend Post