citacita
citacita

ふたりらしい結婚式を自由なスタイルで

93

自由な結婚式のいいところって? その②

自分の結婚式を想像した時「頼りたいひと」はいますか?
「これをお願いしたいなー」というひとだったり、好きな作り手さんだったり。

例えばブーケはお花してるお友達に。
ヘアメイクはいつもお願いしている美容師さんが信頼できるかな。
ケーキはふたりが大好きなケーキやさんがある。

そんなふうに、ひとつひとつ考えていくと、頼りたいひとがいたり、準備を進めていくなかで「これしてあげるよー!」って言ってくれひとがでてきてくれたりするものです。

お嫁さまが小さな頃から通っていた大好きなケーキやさんにお願いしたウェディングケーキ
7

お料理は、よく家族で通った地元のフレンチレストランのシェフに。
560

このおふたりの高砂の装飾のメインパネルは、おふたりのダンススタジオを作ってくれた、尊敬する設計士さんが。
53

このお衣装も!
↑高砂パネル↑を作ってくれた方の奥様から。
114

300人以上のゲストに、ふたりの想いを伝える大切な役目、MCは新郎のお兄さま。
454

こんなふうに、自分たちがこれまで出会ったひとたちの手で築いている結婚式は、とてもあたたかく意味深いものです。
ふたりのことをよく知っているひとや、それぞれの日常に寄り添っていたものを取り入れた結婚式。
目立ったことをしなくても、変わったことをしなくても、それが「ふたりらしさ」になるし、「他の誰でもないふたりだけの結婚式」になるのです。

大切な一日だから、大好きなものに囲まれていてほしいと思います。
そして大切なひとたちの手で支えられて迎えることが出来たら、それもとても幸せなことです。

    思うこと

  Recommend Post